広告

くにんさんとお話しました(声だけプチオフ会)

こんにちは。

本気で本です。

以前からの読者の方は、ご存知の方も多いかと思いますが、今月から僕がネット関連の新しい副業を始めまして、そのシステムを活用してこれまで、ブログでしか交流のなかった方と、実際にお話してみよう!! といま試みているところです。

で、本日9/24に、その第一弾として、はてなブログのブロガー、くにんさんとお話させていただきました。

www.bochibochimemo.com

 

もちろん、僕のこのブログといえば、長女の存在も忘れてなりませんので、長女にもちゃんと話してもらいました。

 

なんというか、くにんさんと僕が同い年なのはあらかじめ知っていたので、ずっと文通していた相手と初めて会話したみたいな、声だけの同窓会のような不思議な感じでした。

また、くにんさんが良識のある大人の方(そりゃそうだどころか、当たり前デスッ!!by.長女より。そして、ぶん殴られました)でしたので、悪い意味で驚かされることもなく、それこそ以前からの友達と久しぶりに、普通に話すようにお話できてよかったです。

くにんさんには、いま休眠状態の僕の「怪談100物語」をちゃんと完結させるよう言われました。

 

ので、はい、もちろん、終わりまで書かせて頂きます。

(長女にもしっかりと年内に書き上げるのだと!!とまたもぶん殴られております)

 

さて、副業の方で鑑定させていただいたネットからのお知り合いは、これでくにんさんと明さんのお二人になりました。(明さんはツイで鑑定させていただきました)

 

ネットで知り合ってもリアルで会いに行くのはなかなか難しいですが、まず、声だけなら、現在の僕の状況ですと、日本のどここにいる方でも、互いに通話料も無料で、各自の電話の電気代くらいで金銭的負担ゼロで約15分ほどお話できます。

本気で本と話がしたい、いやいや長女と話したいと思われている読者の方がおられましたら、こちらのコメントでも、本気の本のツイッターででも連絡してくだされば、声だけのプチオフ会はできると思います。

 

以上、そんなこんなで、今日はSNSってここまでできるんだな、とあらためて驚いた本でした。

 

失礼します。

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告