広告

何度も何度も、何度も何度も、頭を手で押さえ込まれたとしても

こんばんわ。

長女です。

 

いまだ電気は復旧せず・・・。

ここ数日は不便かもですが、私も本さんもこうして生活、生きております。

(かと思っていたらお昼頃~夕方にかけて無事に復旧しておりました。とりあえずは安心しました。でも、本さんのご自宅は大変なことに…。。また、それは別の記事にて)

 

さて、私が養子縁組になってから数日が経ちました。

 

www.honkidehon.work

本さんの記事。

 

www.honkidehon.work

 私の記事はこちら。

 

友達からは『晴れて養子縁組になったんだね★おかえりなさぁ~い』

私:『うん!!ありがとう~(*^^*)これからは夫婦であらたな門出の始まりだっ♪るんるん♪♪♪』

 

というわけじゃないのよ・・・とお話したりもしました。笑;;

 

お兄さんから連絡があり、話をしようとしていたのですが、例によって台風が直撃し、お互いに停電をしているということで日を改めましょうと言われ、一時休戦中です。

(メールは来たりしますが・・・。

長女ちゃんへLINE送ったから軽く目を通しておいて下さいと言われました。

とは言われたものの、ウソでも何でもなく、お兄さんからのLINEのメッセージ私から見れないのでどうしましょ・・・って感じですね。

登録したの、私、消してしまったかもです。←死・・・)

 

そして、今現在。

 

今晩、電話がありました。

うちのおかあさんには全部、伝えたよと。

冷静ではないと。←まぁ、そうですよね…。

あんなに泣いて喚いて、怒ってるのも初めて見たわと。←私は、その相手、しょっちゅうしてたんですけどっていう…。

 

とりあえず、お互いが冷静ではないから、感情的なのはもぅ、なにがどうなったってダメだから、数日、時間を置く。

どうしても息子に会いたい。

だから、病院へは、申し訳ない、行く。

もぅ、分かってる、分かってるから俺が行く。

強制的には出させない。

 

と。

 

私は、言っても単純です。

 

お兄さんからは

『あいつは、弟はお母さんがすべてみたいなもんだった。

ずっと、お母さん、お母さんだと思ってた』

 

けど、私から言わせれば

 

『お兄さん。

お兄さんやお母さんが思っているほど、彼はもぅ、お母さん、お母さんとは、なっていないですよ。

じゃなかったら、長女ちゃんがいいとか、長女ちゃん、長女ちゃんとは、言わないと思います』

 

『それは、

長女ちゃん。

長女ちゃんがお母さんよりも大きな存在になっただよ。

それは、長女ちゃんの力』

 

固まってしまった…。

えっ…、と。←ワシも人の子や。。

 

『だから、もぅ、弟はお母さんをとることは、ないと思う。

本当に、長女ちゃんには、感謝してる。

養子縁組の話も、長女ちゃんの両親にも、家族にも。

恥ずかしい話で、申し訳ない。

ごめん。

ここ一ヶ月、ようやく、弟の病気も、障害も分かった』

 

私は、

 

『…。

それを、お母さんに言ってもらいたいんですよ。でも、できないでしょう…!!

一番に、言って欲しかったんです』

泣きながら言いました。

 

『そうだよ、そうだよね、本当に…

もうごめんとしか言えない。

うん、分かってる。

ごめん…』

 

お兄さんには、伝わったのかナ、なんて思ってもいます。

 

お母さんは、主人本人の口から

『長女ちゃんの家の家族になりたい』と言ったら諦めがつくと言っていました。

 

そうですね。

誰だって、口から出た言葉が、一番に欲しい。

それは、私が一番に、分かります。

 

事態は動いているので、止まりません。

明日、朝一で主人の病院へ行くつもりです。

あらかじめ、主治医の先生には乗り込んでくることは伝えてあり、最悪、強制的に連れ出す可能性もあるかもしれないとは、伝えてあります。

 

そして、母は、『長女ちゃん、だったら旦那くんが長女ちゃんと一緒にいたいって言うのを録音してきッ!!』と言われました。←さすが、母です。

 

どっちの家とか、どうとか、彼は、まだ分からないと思います。

でも、お兄さんが面会しに来たとかも

『俺がそうしたいって思ったからって言った』と、言いました。

長女ちゃんにそう言えって言われたから言ったんじゃない、俺がちゃんと言ったと。

 

一緒にいたい。

 

この気持ちさえ消えなければ。

 

大丈夫…。

 

きっと…。

 

失礼します。

 

ではでは。

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告