広告

法務局へ、長女がゆく。←長女が行くわけですから、そこまでの道のりはタダでは済みませぬ。

こんにちわ。

長女です。

 

本さんは名鉄にて西へえっちらおっちら。

私は東へと、法務局へとやってきました。

 

電車で揺られること1時間弱。

書類は書いてあるので、あとは収入印紙を買って出すやけやと、フフフン!!と意気込みながら近くのコンビニへ。

そしたら、コンビニ定員さんがまず、全員、日本人ではない。。 

 

私:『あの、印紙ありますか?』

店員:『ん??いんし…??』

私:『えっと〜、これこれ』←指で指す

店員:『あぁ〜!!おぅ!印紙ナイデスねぇ』

私:『そうそう印紙ってえぇ〜!?ないの!?!?』

店員:『すみません』

 

しかたないので、別のコンビニをハシゴ。。

 

私:『印紙ありますか?』←ここでも日本人の店員さんいない…。。

店員:『あっ、印紙あるよ』

私:『ほっ、よかった…』

店員:『あぁ〜、でも200円しかない、300円の印紙、ないね』

私:『そうそう、これでってエエ〜!?!?』

店員:『ゴメンナサイ』

私:『あぁ〜ん…、、困った。。

どこか近くに郵便局はないですか?』

店員:『えっと〜、駅近くに戻らないとないネ』

私:『駅近くってなにぬねのぉ〜!?!?』

 

仕方ないので郵便局へ。。

郵便局、言っても9時からだからって、もう9時になろうとしてたので駅へ戻る私。←なにやってんねん、、アホや。。

 

てか、コンビニで簡単に買える言ってた本氏を、私は恨みました。

 

本さん:『ここでも僕が出るの〜!?!?』

 

郵便局へ着いたワシ。

私:『ハァ、すみません、印紙下さい』

局員:『あっ、印紙ですね。どうぞ〜』

 

やっとこさ目的を果たしたワシ。←いゃいゃいゃ、まだこれ、目的じゃないからと自分でツッコミ。ホンマに駅の真ん前にありました。。灯台下暗しとは、まさにコレや。

本さん:『法務局へ行く長女。さすが長女さん、まっすぐ法務局へ行けないのまき』

 

そしてひたすらまた法務局へ目指し、係員さん(警備員)がいたので、

私:『えと、法務局へ行きたいのですが』

係員:『あっ、だったらね、ここの歩道曲がって左ですよ。裏にありますからね』

私:『ありがとうございます!!』

タタタとかけるワシ。

係員:『あっ!!違うよ!!ここ左よ、左』

私:『あっ、ここ、すみません…!!』

係員:『うん、こっちだからねぇ』

 

笑顔で見送られるワシ。

本さん:『いゃ、笑顔で見送られるいうよりも、大丈夫かいなこのこはと微笑まれたのだ…』

 

やっと法務局へ着いたワシ。

1階や、と戸籍課へ。

私:『すみません、こちら、お願いしたいんですが』

戸籍課:『あぁ、こちらは2階ですね。

2階でお願いします』

私:『はっ、はい。。すみません』←恥。ホンマにワシらアホやと心底思い、半分ベソかきそうになりました、、

本さん:『このこは、ただ、一生懸命にやっているだけなんです。これが、素なんです。

わざとじゃないんや、コレが』

 

2階へあがり、やっと戸籍課へ。そして成年後見人が、主人についているか、証明の時がやってきました。

って思ったら、よく見たら、1階に印紙売り場ありって張り紙を見つけたデス。

ですよね〜となりました。←いゃ、役所みたいなもんだから印紙もあるやろと思ってたらあった。ホンマにワシ、何やってんねん。。

本さん:『まぁまぁ、でも無事に辿り着けたわけだし』

 

私:『お願いします』

戸籍課:『御本人ではなく、奥様ですね』

私:『はい。そうです』

戸籍課:『えと〜、これは奥様の名前ではなく、ご主人様の名前なので委任状が欲しいですね』

私:『そう、主人の名前なのでって、はっ( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)!?委任状!?!?!?』←またもや長女ワニ、ワニワニパニックになりました。

戸籍課:『これだとご主人様の意思確認が必要になりますので』

私:『あぅ、、でも、これでできると』

戸籍課:『そうですねぇ、あとは、なにか証明するものお持ちじゃないですか?』

私:『あっ!!持ってます。戸籍標本があります』

戸籍課:『それですね、お預かりします』

 

ちゃんと必要書類そろえてきたはずにも関わらず、頭から抜け落ちていました。

ハァ、無駄足をしかれるとこでした。。

本さん:『このこは本当に、コレが素なのです』

 

戸籍課:『本籍ですが、いまの本籍の方が良いですよね?

以前の本籍が書かれておりますが』

私:『あっ!!そうですね、すみません。

今の本籍です』

戸籍課:『分かりました。番号でお呼びします。お待ち下さいね』

私:『はい…』

 

待つことと10分程。。

 

戸籍課:『○☓△番様、お待たせしました』

私:『はい』

 

結果は

 

 

 

 

 

 

 

『後見人がないものとして、証明する』

 

 

私:『…。ウソじゃない、本当にだよね。

主人に後見人は、ついて…ない!!』

戸籍課:『ありがとうございました』

私:『あっ、あの!!

この後見人がついてないという書類と一緒に、あとは、もし私が主人の後見人にとしたいとある場合、あとはどのような書類が必要ですか!?!?』

戸籍課:『えぇ〜、そうですねぇ。

それぞれご家庭の事情も違いますし、人によってやはり違いますから、家庭裁判所でまずは手続きをする形になりますね』

私:『家庭裁判所でもろもろが決まるんですね?』

戸籍課:『そうですね。もちろん、手続きする上でも費用がかかりますし、必要になる書類も変わってきます。こちら、案内になりますのでどうぞ』

私:『分かりました』

 

と、こんなそんなでした。

 

とにもかくにも、主人は、後見人じゃない。

養子縁組で、私の姓であれば、なにも問題ない。

 

もぅ、コレでいいのだ。



f:id:honkidehon:20181010123420j:image

空を見た。


f:id:honkidehon:20181010123509j:image

雲ひとつない空。

なにも、間違ってなんかない。

なにも。


f:id:honkidehon:20181010123645j:image

帰りに勝つ、喝、カッを入れに、カッ丼とお蕎麦、お昼ごはんにしました。

食欲もあまりないときもあるけれど、ちゃんと、食べました。

 

もぅ、相手にするのを止めました。

向こうが変ないちゃもんつけてくるなら、容赦はしません。

 

本さんから、

 

『信じるものは 救われる』

 

本当に、本当に、本当に、そうだと思った。

 

 

 

失礼します。

 

ではでは。

 

 

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告