広告

トシをとってよさが身にしみるようになったアーティスト


麗蘭 ミュージック

こんにちは。

本気で本です。

40代後半の現在になって、かってはそこまでよさを感じなかった曲に、それまで以上の魅力を感じたりすることが、よくあります。

例えば、上に動画を貼った麗蘭。

RCサクセションの仲井戸 麗市(通称 チャボ)とTHE STREET SLIDERSの土屋 公平(通称 蘭丸)のギタリスト2人のユニットですが、1991年にユニットとしての活動開始以降、それぞれのバンドが活動休止、解散してからも、麗蘭としての活動は続いていて、現在もライブで全国をまわっています。

RCもスライダーズも、僕が高校くらいだった30年前からすでに伝説的なスゴいバンドで、音楽好きなバンド少年、少女には一目置かれている存在でした。

僕は音楽はあれこれ聞くけれども、自分でバンドをしたりはしない聞く専だったので、彼らの音楽をラジオやCDで聴いてはいたものの、いまいち、そのスゴさがはっきりわからなくて、ただ、カッコイイお兄さんたちだな、と思う程度でした。

しかし、最近、麗蘭を聞いてみると、なんというか、この渋さが身にしみるのです。

音楽が、ギターが、バンドが、好きで好きでたまらなくて、それに身も心も、人生も食われてしまったような男2人が、弾き、歌い続けているのが、たまりません。

信者的なファンはいるけど、日本を代表する大スターというのとは違う、2人の心からの音楽を僕はリスペクトしています。

麗蘭、そのうち、ライブにも行きたいと思います。

 

以上、本気で本でした。

 

失礼します。

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告