広告

あれから6年の私。そして主人。

こんばんわ。

長女です。

 

3月になりました。

春を少しずつ感じる今日この頃。

まだまだ寒暖差があるかもですが、主人も退院してから2ヶ月が過ぎました。

 

そして、

 

3月10日。

 

主人、私の結婚記念日です。

 

あれから6年が経ちました。

 

いろいろありすぎた去年。そしていま現在に至る・・・。

 

主人は、障害があります。

 

知的障害者です。

 

しかも重度です。

 

おまけに、二次障害として精神疾患も併発します。

 

でも、

 

馬鹿じゃありません。

 

障害があるからこそ、

 

できないことが『あるだけ』なんです。

 

一人の人を一生愛し続けることって、難しいことなのかもしれません。

 

昔も、今も。

 

パートナー以外に心が揺れることは、

 

人として当たり前で、ごく、自然なことで。

 

『この人、いいな』

 

って想うことは、間違いだなんて、私は思いません。

 

だからといって、

 

パートナーを傷付けてまで他の人に心を奪われることは、また話が違います。

 

『身体は許しても、心までは許すな』

 

この言葉の意味が良く分からなかったのですが、今なら、分かる気がします。

 

『なんで私(僕)と関係を持っているのに、キミは自分のモノにならないんだよ!?』みたいな。←ドラマやマンガの見過ぎでしょうか。笑

 

主人と出会えて、結婚出来て、

 

おまけに、

 

もう一回私は主人と結婚したような感じです。

 

二回も結婚(籍を入れる)出来るなんて、レアじゃないかと思います。

 

胸を張って、言えます。

 

やっぱり、変わらない。

 

変わりたくない。

 

『私は、しあわせです』

 

主人がいるから、私がいます。

 

主人は、私の姓になったけれど、

 

変わりません。

 

ずっと。

 

これからも。

 

一緒だよ。


f:id:honkidehon:20190310233837j:image

サクラとともに。

 


erica - 「あなたへ贈る歌」


あなたに手紙を書こうとか
直接会って言おうとか
何度も悩んでやっと決めたよ
全ての想いをこの歌に託してみるよ

突然ごめんね
でも聞いてほしい
目を見たらきっと言えない気がするから
初めて話したあの時から
私の中で何かが動きはじめた

あなたは知ってますか?
目が合うだけで嬉しくて
会うたびに切なくなった
でももう自分にウソつきたくないよ

今日までずっと言えずにいた
本当の気持ち 伝えたいよ
あなたが好きで ただ大好きで
どうしようもないくらい恋してます
なんのとりえもない私だけど
あなたに似合う人になりたい

あなたに全てを打ち明けたら
もういつものように話せないかもしれない
それでもいいと思えた
苦しくなるこの気持ちも
こんなに変われた私も 信じてみたいよ
涙も分けてほしいから

世界で一人あなただけに
あなただけの元に届くように
歌っているよ 聞こえてますか?
気づいてほしいよ 私の想い
喜びは2倍に悲しみは半分に
あなたに寄り添っていきたい

今日までずっと言えずにいた
本当の気持ち 変わらない気持ち
あなたが好きで ただ大好きで
どうしようもないくらい恋してます

この歌は私があなたを愛した
ただ一つの証だから
どうか忘れないでね
こんなに好きになれて
私は幸せだよ
あなたへ贈る歌

 

失礼します。

 

ではでは。

 

 

 

ブログ記事への感想・ご意見は、お気軽にコメント蘭へどうぞ。みなさんの声、お待ちしてます。 広告